出産内祝いとは

そもそも「内祝い」とは、親戚にあたる方や親しい方々とする身内でのお祝い事のことをいい、喜びを分かち合うという趣旨のものでした。しかし現代の「内祝い」の意味は、結婚・出産・入学・新築・長寿などのお祝いをいただいた際に、お返しとして贈り物をするという形が広く行き渡っています。
さまざまなお祝い事によって贈り方のマナーも異なりますが、ここでは出産内祝いについて説明します。

近年では出産内祝いといえば、お祝いをいただいた際、喜びやお礼の気持ちをこめてお返しする贈り物のこととされていますが、地方などでは、昔ながらの風習を重んじて身内以外のご近所の方々など住んでいる集落でお祝いするといった場合も今なお残っています。

出産内祝いを贈る時期としては、出産後1ヶ月頃に行われる赤ちゃんが生まれて初めて神社を参拝するお宮参り以降に贈るのが一般的なマナーとなっています。
その理由としては、お祝いを贈る側のマナーとして、日本では昔からの風習として出産のお祝いを出産前に贈る事はタブーとされていて、出産後1カ月位までにお祝いするのがマナーとなっているため、ちょうどお祝いをいただいてからのお返しとお宮参りが同じ時期となるからと考えられます。
ただ、さまざまな事情により、お宮参り以降に出産祝いをいただく場合もありますので、そういった場合は、その都度お返しの品を贈るとよいでしょう。

いまでは昔からの風習は薄れ、それほど常識にとらわれない考え方も増えています。お祝いをいただいたらお礼の意味でお返しの品を贈るという形で、お互いの喜び・感謝の気持ちを表す事が大切だといえるでしょう。

Copyright © 2014 「出産内祝い」のマナーを学ぶ All Rights Reserved.